研究内容

運動パフォーマンスを向上させる方法についての実験研究を行っています。
普段我々が何気なく行なっている運動は、実は環境や状況に対して最適化された要素により構成されています。この機構をヒト行動実験を通して詳細に調べることにより、さらに高い運動パフォーマンス出力につながる方策を探求しています。

最近の活動

2019/08/08: オープンキャンパス模擬講義で「運動がうまくなる方法を本気で考える」を久代が口演しました!

2019/08/02: Yamamoto et al.の論文がHeliyon誌に掲載されました!→リンク

2019/07/24: 兵庫県立長田高校の生徒さんが模擬講義・研究室見学で来訪しました!

2019/07/19: 京都府教育委員会の高大連携事業として府立鴨沂高校で久代が出張講義を行いました!

2019/07/10: 石川県立小松高校の皆さんが研究室訪問で来訪しました!

2019/04/01: 科学研究費補助金をかろうじて獲得することができました〜

2019/04/01: 平成31年度の研究活動が始まりました。今年度は3名の大学院生と久代でがんばっていきます!

2019/03/26: 3名の学生が修士・学士の学位をなんとか取得して巣立っていきました!

2019/03/17: 第14回空間認知と運動制御研究会(@京大)が当研究室の主幹で開催されました!(プログラム

2019/02/06: 修論および卒論公聴会を3名がかろうじて通過しました!

2019/01/16: 京都府立峰山高校で久代が出張講義を行いました!(産経毎日HP

大学院生として所属を希望される方へ

当研究室で研究活動をスタートさせるにあたり特別な知識や経歴は必須ではありません。情熱に満ちた挑戦を歓迎します。

l>